VIVA ORIGINO 投稿規定

1. 論文の種類


使用言語は英語または日本語とする。投稿は、以下の区分1-3のいずれかに分類する。

1.Review:解説または総説
2.Article:オリジナルな研究結果の報告
3.News and Views:

  • 研究報告,解説,総説に対するコメント
  • 研究に対するプリンシプル,アイデア,意見
  • 国内外の関係学会報告
  • 教育・研究体制に関する意見
  • その他

    英文原稿作成の手引き

    1. 本文はMicrosoft Word(Windows 又はMacintosh Versions)を使用。どうしても Microsoft Wordが不可の場合のみ、テキストファイルを受け付ける。本文はsingle space で作成し、フォントはTimes or Times New Romanの10ポイントを使用する。

    2. 論文冒頭にはタイトル(全てを大文字とする)、著者名、所属機関、所在地、郵便番号、をこの順で明記する。代表著者は所属機関の名称、所在地、郵便番号、FAX番号、E-mail addressを付記する。

    3. タイトル、著者名に続けて、キーワード(10語まで)、ランニングタイトル、要旨(300語以下)を付記する。

    4. 論文は緒論、方法、結果、討論、謝辞、引用文献の順に構成する。総説等では必ずしも従う必要はない。

    5. 引用文献は引用順に、本文中に通し番号で[1],[2]・・・のように表示し、本文末尾に引用文献表を付して次のように記す。ただし、著者が6名以上の場合は「First author et al.」とする。

        1. Kawamura, K., Kameyama, N. and Matsumoto, O. Kinetics of hydrolysis of ribonuclease polymers, in aqueous solution at elevated temperatures, Viva Origino 27, 107-118 (1999)

        2. Bock, G. R. and Goode, J. A. (Eds.), Evolution of hydrothermal ecosystems on Earth, Ciba foundation symposium; pp. 202, John Wiley & Sons Ltd., England, 1996

    6. ファイルの保存形式については、Wordで作成した本文の文末に図表(次項で詳説)を挿入し保存する。

    7. 図表は下記の基準によって準備する。

      • 図および写真にはFig.1, Fig.2 等, また表には Table 1, Table2 等の通し番号をつけ、本文の後に付記する。図の番号、表題, 説明は図の下に、表の番号、表題, 説明は表の上、又は下に記し、本文を読まなくても、図表のみで独立して意味が分かるように記す。

      • 図および写真は GIF, JPEG形式で保存、表はMS-Officeを標準仕様とする。


    8. 単位と記号は, 国際的に慣用されているものを用いる。単位はCGS(MKS) 系またはSI 系を原則とし, 両者を混用しない。

    9. 術語および略語は, IUPAC-IUB の勧告を基準とする。化合物名等で英語表記がよいと判断されるものは、英語表示とする。その他は一般に関係学会誌等で使用されているものにならう。

    10. 標準使用とされているアプリケーションの使用が困難な場合には、個別、柔軟な対応が可能である。


    和文原稿作成の手引き

    1. 本文はMicrosoft Word (Windows 又は Macintosh Versions)を使用。どうしてもMicrosoft Wordが不可の場合のみ、テキストファイルを受け付ける。フォントはWindows userはMS明朝、Macintosh userは平成明朝10ポイントを使用する。

    2. 和文原稿の場合には初めに英文要旨をつける。(和文要旨は不要。)英文要旨冒頭には, タイトル(大文字とする)、著者名、所属機関、所在地、郵便番号を明記する。代表著者は所属機関の名称、所在地、郵便番号、FAX番号、E-mail addressを付記する。タイトル、著者名に続けて、キーワード(10語まで)、ランニングタイトル、要旨(300語以下)を付記する。英文要旨のフォントはTimes or Times New Romanの10ポイントを使用する。

    3. 論文は緒論、方法、結果、討論、謝辞、引用文献の順に構成する。総説等では必ずしも従う必要はない。

    4. 引用文献は引用順に、本文中に通し番号で[1], [2]......のように表示し, 本文末尾に引用文献表を付して次のように記す。ただし、著者が6名以上の場合は「First author et al.」とする。

        1. Kawamura, K., Kameyama, N. and Matusmoto, O. Kinetics of hydrolysis of ribonuclease polymers, in aqueous solution at elevated temperatures, Viva Origino 27, 107-118 (1999)

        2. Bock, G. R. and Goode, J. A. (Eds.), Evolution of hydrothermatl ecosystems on Earth, Ciba foundation symposium; pp. 202, John Wiley & sons Ltd., England, 1996

    5. ファイルの保存形式については、Wordで作成した本文の文末に図表(次項で詳説)を挿入し保存する。

    6. 図表は英語で作成する。

      • 図および写真にはFig.1, Fig.2 等, また表には Table 1, Table2 等の通し番号をつける。

      • 図の番号、表題, 説明は図の下に、表の番号、表題, 説明は表の上、又は下に記し、本文を読まなくても、図表のみで独立して意味が分かるように記す。

      • 図および写真は GIF, JPEG形式で保存、表はMS-Officeを標準仕様とする。

      • 単位と記号は, 国際的に慣用されているものを用いる。

      • 単位はCGS(MKS) 系またはSI 系を原則とし, 両者を混用しない。

      • 術語および略語は, IUPAC-IUB の勧告を基準とする。化合物名等で英語表記がよいと判断されるものは、英語表示とする。その他は一般に関係学会誌等で使用されているものにならう。

      • 標準使用とされているアプリケーションの使用が困難な場合には、個別、柔軟な対応が可能である。

2. 論文の提出について


原稿はE-mailで、添付書類により、下記のViva Origino 編集委員長宛に提出する。その際に、ホームページ上からダウンロードし、必要事項を入力した「投稿規定添付書類」および「著作権および版権譲渡同意書」も一緒に送付すること。ただし、E-mailで送付不可能な場合は原稿原本、コピー1部、CDやUSBメモリーなどに保存した原稿のファイルを下記に郵送する。

〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-5
横浜国立大学 大学院工学研究院
癸生川陽子
E-mail:editor★origin-life.gr.jp
★を@におきかえてください。

3. 査読規定


Review(解説または総説)及びArticle(オリジナルな研究成果の報告)については1名以上の専門家による査読を行う。査読後、査読者の意見を参考に必要に応じて著者に修正を求め、最終的に編集委員が掲載の可否を決定する。News and Viewsについては編集委員が必要と認めた場合は査読を行う。

投稿受理日は、原稿が編集委員長に到着した日とする。ただしレフェリーの指摘による訂正などで、再提出が著しく遅れる場合には、再提出日を受理日とすることがある。投稿区分はレフェリーの意見を参照の上、編集委員が決定する。

4. 投稿の資格


著者は、生命の起原および進化学会の会員であるか、あるいは会員の紹介を経ることが望ましい。会員以外の著者に原稿を依頼することができる。

5. 校正


校正は、事務局が形式の統一等に関して校正した後、著者の責任において行う。校正段階での新たな変更等は、原則として認めない。

6. 掲載経費の負担


なし。

7. 別刷


著者は、校正時に同封した申込用紙により別刷を有料で申し込むことができる。

8. 投稿規定添付書類


著作権および版権譲渡同意書:クリックするとMicrosoft Wordで「投稿規定添付書類」「著作権および版権譲渡同意書」をダウンロードすることができます。

9. 編集体制


Viva Origino編集委員会

編集長癸生川 陽子 横浜国立大学
編集委員 赤沼 哲史 早稲田大学
大内 将吉 九州工業大学
川村 邦男 広島修道大学
木賀 大介 早稲田大学
北台 紀夫 海洋開発研究機構
黒澤 耕介 千葉工業大学
谷川 直也 岐阜聖徳学園大学
胸組 虎胤 鳴門教育大学
横堀 伸一 東京薬科大学