topics:学会誌Viva Origino

ARCHIVES:

Viva Origino ARCHIVES

創刊号からVol. 29 No.2 (2001)までのViva Oriigno 全文をPDFファイルにてご覧いただけます(作業中)。(要旨集など一部非公開の号もあります)

Loading

Viva Origino最新号 (Vol.41, No.1-No.4, 2013) 目次

Viva Origino (ISSN-0910-4003, CODEN:VIORE 6) は生命の起原および進化学会の機関誌(2回/年発行)で、会員から投稿(投稿は会員に限る)された論文は厳正な審査を経て掲載されています。論文以外にも会員同士の情報交換にも利用されています。

VOL. 41 (No.1) 2013

Contents

特集1 第38回学術講演会参加学生による感想

第38回生命の起原および進化学会学術講演会に参加して             

河合 純


第38回学術講演会に参加した感想:学生にとって非常に参加がしやすくなった学会             

谷川能章


第38回生命の起原および進化学会学術講演会に参加して             

淵田茂司


生命の起原および進化学会第38回学術講演会に参加して             

坂田霞


第38回学術講演会に参加して             

桑原 秀治


生命の起原および進化学会第38回学術講演会に参加して             

河口 優子


第38回生命の起原および進化学会 学術講演会に参加して             

古川龍太郎


特集2 大西耕二先生を偲んで

大西先生の思い出            

三田 肇

大西耕二先生の思い出            

胸組虎胤



VOL. 41 (No.2) 2013

Contents

特集 第38回学術講演会シンポジウム「アーキアを用いた進化研究」より

アーキア研究から見えてくるDNA複製装置の分子進化~ DNAポリメラーゼの分布から進化を考察する〜            

石野園子、大門克哉、石野良純


INTRON AND RNA SPLICING IN ARCHAEA            

Yoh-ichi Watanabe and Shigeo Yoshinari


アーキアに見いだされる種々の進化過程            

河原林 裕



VOL. 41 (No.3) 2013

Contents

論文

REASSIGNMENT OF CODONS FROM ARG TO ALA BY MULTIPLE TRNAALA VARIANTS            

Kazuaki Amikuraa and Daisuke Kiga


Formation of amino acid condensates partly having peptide bonds in a simulated submarine hydrothermal environment            

Kuhan Chandru, Yumiko Obayashi, Takeo Kaneko, and Kensei Kobayashi


VOL. 41 (No.4) 2013

Contents

特集 長谷川典巳先生を偲んで

遺伝暗号の起源            

田村浩二、長谷川典巳