topics:学会誌Viva Origino

ARCHIVES:

Viva Origino ARCHIVES

創刊号からVol. 29 No.2 (2001)までのViva Oriigno 全文をPDFファイルにてご覧いただけます(作業中)。(要旨集など一部非公開の号もあります)

Loading

Viva Origino Vol.40 no.4 2012 目次

Viva Origino (ISSN-0910-4003, CODEN:VIORE 6) は生命の起原および進化学会の機関誌(2回/年発行)で、会員から投稿(投稿は会員に限る)された論文は厳正な審査を経て掲載されています。論文以外にも会員同士の情報交換にも利用されています。

VOL. 40 (No.4) 2012

Contents

特集1 第36回学術講演会シンポジウム
「生体中のD-アミノ酸」から

NO HOMOCHIRALITY – NO LIFE            

島田秋彦



特集2 第37回学術講演会シンポジウム
「キラリティから見た新しい生命科学の展開」から

食品中のD-アミノ酸:存在、生成機構、機能            

老川典夫


D-β-Aspを特異的に認識する抗体を用いた扁桃等耳鼻科領域組織の免疫組織化学的検討            

高橋裕一、太田伸男、鈴木祐輔、欠畑誠治、藤井紀子


特集3 第37回学術講演会特別講演より

生命の起原に関するGADV仮説             

池原 健二



特集2 清水幹夫先生傘寿記念ミニシンポジウム
「生命の起原に魅せられて」

「生命の起原に魅せられて」ミニシンポジウムから            

横堀伸一



アミノ酸のホモキラリティーとtRNA

田村浩二            



「火星での生命探査計画」

山岸明彦             



ミトコンドリア翻訳系から遺伝暗号の起源を探る

渡辺公綱            



2つのtRNA/mRNAハイブリッドによる トランストランスレーション

姫野俵太            



清水幹夫先生の傘寿記念に想う —道をひらく—

郷 通子             



Magic20 と生命の起原

大島 泰郎             



単一アミノ酸触媒によるEMP回路の形成

清水 幹夫