Viva Origino Vol.41 No.1
生命の起源および進化学会第38回学術講演会に参加して

Down Load this article


大阪大学大学院 理学研究科 宇宙地球科学専攻
博士後期課程二年 坂田霞

   2013年3月14日から16日に,九州大学箱崎キャンパスにて,生命の起源および進化学会が開催されました.私にとって,生命の起源および進化学会学術講演会は,四回生の時以来の二度目の参加でした.私は,「海底熱水の多様性とSIPF反応速度」というタイトルで,海底熱水系での生命前駆物質の化学進化を想定し,熱水環境下でのアミノ酸重合反応速度に及ぼす金属イオンの効果について発表をしました.
今回は,初めての試みとしてポスター発表も口答発表に合わせて行われました.これは私にとって,参加する前から大変楽しみな試みでした.思い起こすと四年生の頃に参加した時は,口答発表のみで,質疑の時間に「質問したいな....よし!質問しよう!いや,でも四回生はあまりにも何も分かってないし的外れなこと聞いたら恥ずかしいし,でも....」と一人勝手にあれこれと考え,挙手することもできず,質疑の三分間はあっという間に過ぎ,もどかしい思いをしました.しかし,今回は,口答発表の内容についてのポスター発表も同日に行われ,じっくりと濃い議論ができ,多くのアドバイスを頂き,満足感でいっぱいの学会となりました.ポスター発表中の議論は,自分の研究内容を見つめ直すきっかけにもなりましたし,学ぶ事も多く,貴重な時間となりました.ポスター発表中には,飲み物と軽食も用意して頂き,先生方とも近い距離で深くお話しできたので,大変有意義な時間となりました.少しでも距離を近く,深く議論をするための工夫が,学生には特に嬉しい工夫だったと思います.生命の起源および進化学会学術講演会の一番の魅力は,先生方と学生の距離が近いことだと思います.今回は,この魅力が最大限に引き出された,とても素敵な学会だったと感じます.初めての試みでご苦労も多かったと思いますが,このような素晴らしい学会を準備して下さった全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです.楽しい時間をありがとうございました.


PAGE TOP
CLOSE THIS PAGE