Viva Origino Vol.41 No.1
第38回生命の起原および進化学会学術講演会に参加して

Down Load this article


横浜国立大学大学院 工学府  河合 純
Graduated School of Engineering of Yokohama National University Jun Kawai
kawai-jun-jy@ynu.ac.jp

   2012年3月14日から16日、九州大学にて開催された生命の起原および進化学会は、私にとって初めての博多で2回目の参加になりました。今回参加できたことは私にとってとても貴重な体験になりました。私は、模擬タイタン湖における化学進化に関する研究について口頭発表いたしました。参加した当初は、ポスター発表と思っていて、当日のぎりぎりまでパワーポイントを修正して頂いた小林憲正先生にはこの場を借りて、心から感謝をいたします。また、適切なアドバイスを頂いた金子竹男先生、大林由美子先生、Pierre de Marcelles博士、Palash Kumar Sakar博士に御礼を申し上げます。
   タイタンは土星最大の衛星で窒素やメタンの大気を持ち、エネルギーとして紫外線,土星磁気圏に捕捉された電子,宇宙線などのエネルギーにより多様な有機物ともやの生成が観測されています。カッシーニ=ホイヘンス探査により,タイタン表面の平均温度は93.7Kで、液体エタンなどからなる湖沼の存在が明らかとなり,また地下にアンモニア水が存在することが示唆されました。また,種々の地上模擬実験により,模擬タイタン大気から炭化水素,ニトリル等の有機物や,高分子態有機物「ソーリン」が生成することが確認されています。模擬実験で生成されたタイタンソーリンを用いて、自己集合体が生成されることを調べました。
   今回の実験するにあたり、機会の提供を頂いたBishun Khare博士、Chris McKay博士そして実験のサポートをしてくれたSeema Jagota博士、適切な助言をくださったDavid Deamer博士には心から感謝いたします。
   この学会を開催するにあたり会場を用意してくださった河原林 裕先生には心から御礼を申し上げます。本年度からはポスターセッションが設けられており、学生にとってはオーラルセッションでは聞くことができないことも気楽に質問することができました。


PAGE TOP
CLOSE THIS PAGE